むつ市下北自然の家は様々な体験活動や研修などができる宿泊可能な社会教育施設です。

自然の家の生活

宿泊室の使用 食事・入浴 清掃・ゴミ 健康・安全 基本スケジュール

健康・安全

(1)参加者の健康状態を把握しておいてください。アレルギー調査表を使用日の2週間前までに提出してください。

(2)救急薬品等は、使用する団体で用意してください。

(3)野外活動や火を扱う活動では、肌を露出しない服装(長袖・長ズボン・手袋・帽子・タオル)にしてください。また、磯では、裸足にならないようしてください。

(4)危険な有害生物(クマ、サル、スズメバチ、ヘビ、ダニ、蚊、うるし、くらげ等)には、十分注意してください。

(5)健康上のことやその他の理由で活動に参加できない方がいる場合は、引率者が対応してください。また、その際に医務室で休養する場合は、事務室に連絡してください。

(6)感染症の拡大を防ぐため、嘔吐や下痢などの症状が出た場合、直ちに担当職員か事務室に連絡してください。

(7)AED(自動体外式除細動器)は、事務室入口に設置しています。

緊急時への対応

病気やけが、事故への対応

(1)自然の家には、病気やけがに対応できる看護職員は、配置されていません。

(2)病気やけがが発生した場合は、引率責任者の判断で対処するとともに、直ちに担当職員又は事務室へ連絡してください。連絡がとれず、携帯電話等で救急車を要請する場合は、119番へ通報してください。直接大畑消防署へ電話する場合は、0175-34-2233又は、0175-34-2135へ連絡してください。

(3)傷病者が病院で受診する場合は、病院への連絡、病人の搬送は各団体で行ってください。

緊急時への対応

火災や地震等の場合の対応

(1)事前に非常口や消火器の位置、避難経路、避難場所、避難誘導体制を確認してください。

(2)日中に火災や地震等の災害が発生した場合は、緊急放送の指示に従って避難等の対応を取ってください。

(3)夜間に災害が発生した場合は、宿直員に連絡し、引率責任者の判断で避難等の対応を取ってください。
  (緊急放送があった場合は、放送の指示に従ってください)

(4)避難場所は、館内泊の場合は「かつどう広場」、野外泊の場合は「キャンプセンター前」です。
  (風向き等で変わる場合もあります)

(5)宿泊室やトイレ等、参加者の掌握と安全確保に万全を期してください。

(6)リーダー室には、火災受信機が設置されており、火災報知器の作動エリアが確認できます。
   また、内線電話もあり、事務室・宿直室と連絡できます。

火災地震その他災害への対応


緊急時連絡先電話番号
むつ総合病院0175-22-2111
大間病院0175-37-2105
大畑診療所0175-34-2211
大畑消防署0175-34-2233
0175-34-2135



宿泊室の使用 食事・入浴 清掃・ゴミ 健康・安全 基本スケジュール


健康と安全について