『6月の自然の家2』

6月は緑がとてもきれいで、鳥や虫の声もあちこちで響きます🐦

自然の家『わんぱく農園』では、いろいろな有機野菜を栽培しています。





トマト🍅、絹さや、かぼちゃ、アスパラなど。。。

その他にも、農園の半分の敷地に広がるのは、ジャガイモ畑🥔



収穫を楽しみに、大事に育てています😊

😱😱😱

大事に育てているジャガイモの葉に‼



テントウムシの仲間であっても、野菜をエサとする『ニジュウヤホシテントウ』

特にジャガイモやナスなどの、ナス科の野菜を好んで食べる害虫です💦

名前の通り、28個の斑点がついています。

テントウムシに似ていて益虫かと思いきや、野菜を食べる害虫であることから

別名『テントウムシダマシ』と呼ばれることも。。。

 



こちらは栗(くり)の新葉🍃

赤い実❓🤨 これが栗の実になる❓❓

そんなふうに思わせるこの赤い実。じつは、『クリタマバチ』というハチが

栗の新芽に産卵することで、細胞(さいぼう)が異常に増殖(ぞうしょく)してできる

虫こぶ‼

虫こぶにも名前があり『クリメコブズイフシ』といいます。

 

歩いているとよく見かける紫陽花(あじさい)のような白い花



かんぼく(肝木) レンプクソウ科

ヤブデマリとよく似ているが、葉の形が異なり、かんぼくは3つに割れた葉が特徴です。

 



エビネ  ラン科

春咲き。可愛らしい花で、日陰でも育ちます。

初心者でも育てやすいそうです😊

 

お天気の良い日は、散歩をしながら木や花や生き物を観察してみるのも、

新しい発見があって良いかもしれませんね😊